ここから本文です

「懐かしくて」「新しい」グランピングを!〈シエナヒルズ〉京都にオープン!

7/14(土) 17:04配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュース

7/21(土)、京都丹後エリアにグランドオープンする〈Siena Hills(シエナヒルズ)〉。別荘感覚で贅沢なプライベート空間を堪能できる「マリントピア・ザ・スイート」 と、京都丹後の大自然を快適なテントで過ごす「グランドーム京都天橋立」、2タイプから選べるラグジュアリーな宿泊施設です。

【写真で見る】「懐かしくて」「新しい」グランピングを!〈シエナヒルズ〉京都にオープン!

数々の神話や昔話が宿る地として語り継がれ、漁業、農業、酒蔵など地域に根づいた伝統的な暮らしや歴史・文化が数多く残っている京都丹後の真の魅力を存分に堪能してもらいたいという想いから生まれました。

コンセプトは「懐かしさ」と「新しさ」の融合。古き良き日本の原風景という京都丹後が潜在的に持つ「懐かしさ」と、Siena Hillsの近代的でラグジュアリーな空間という「新しさ」の融合を目指しています。

ヴィラは全部で10棟。スイート3棟、スタンダード7棟で構成されています。キッチンも備え付けられていて、好みの食材を持ち込んで料理を楽しむことも可能。面倒な方は姉妹施設から出張料理をオーダーすることも可能です。京都丹後でとれる新鮮な魚介をはじめ、自家農園で栽培している無農薬野菜を使った料理をオーダーできます。

テントは全部で12張。近未来型フォルムが特徴的な「ドームテント」が11張、サイズ違いのドームテントを結合させた「TRIPLE BASE」が1張、用意されています。各テントに併設されたデッキではバーベキューが楽しめます。さらに夜にはキャンプファイヤーで自然の火の温もりを感じながら満点の星空を眺める優雅なひとときを過ごすことができます。

Siena Hillsのある丹後は京都府の北部にある宮津市、伊根町、与謝野町、京丹後市の2市2町からなる日本海に面した地域。

宮津市には日本三景のひとつ「天橋立」が、伊根町には海と住居が隣り合わせにある重要伝統的建造物群保存地区「舟屋(ふなや)」が、与謝野町には丹後ちりめんの産地として栄えた昭和モダンな風景が残る、重要伝統的建造物群保存地区「ちりめん街道」があります。

また京丹後市には、鳴き砂で有名な琴引き浜や夕日ヶ浦など海岸沿いの絶景があり、ブランド蟹として知られる「間人(たいざ)ガニ」など日本海の豊かな恵みを楽しめるエリアでもあります。都会の喧騒から離れたこの地は、時代に左右されないノスタルジックな雰囲気が漂い、日本の原風景が残る貴重なエリア。心ゆくまで堪能してください。

information
Siena Hills シエナヒルズ
住所:京都府宮津市字日置4054
TEL:0772-45-1073
Web:Siena Hills シエナヒルズ 公式サイト


writer profile
Ryoko Tanaka
田中涼子
たなか・りょうこ●兵庫県出身。長野県、福岡県での生活を経て現在東京都在住。犬とお酒と旅が大好き。そして自他ともに認める大食漢。お給料は食費と旅行代に消えていく日々です。愛犬は沖縄生まれの元捨て犬ちゃん。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

あなたにおすすめの記事