ここから本文です

巨人・ゲレーロ 2軍暮らしにイライラMAX…由伸監督との面談拒否

7/15(日) 5:02配信

デイリースポーツ

 2軍調整中の巨人のアレックス・ゲレーロ外野手(31)が14日、フロント幹部が設定した高橋由伸監督(43)との面談を拒否した。この日は午前に2軍、午後に1軍が川崎市のジャイアンツ球場で練習。入れ替わりのタイミングでフロント幹部が対面を促したが「ノー、ノー」と拒み、帰り際に「今日はそういう状況ではなかった」と言い放った。2軍暮らしが続くことへの不安やいら立ちを、態度で示してしまった。

【写真】ゲレーロ ヘルメットたたきつけ激怒!

 口調にいら立ちが込められていた。6月15日にコンディション不良で登録抹消され、以降は2軍での調整が続く。「(1軍首脳陣とは)2軍に落ちてから、ゼロ・コミュニケーションだ。2軍の住所を忘れてしまったんじゃないですかね」。1軍が練習するさなか、正面ロビーに姿を見せた助っ人。皮肉を交えて帰路に就いた。

 フロント幹部が「先が見えない不安もあるだろう」と助っ人の心情を察し、高橋監督に面談を打診。指揮官も快諾し、1、2軍が同じ場所で練習を行うこの日に実現するはずだった。だが「今日は話をする状況ではない」と拒否。コミュニケーションの場を自ら放棄してしまった。

 打率・253、10本塁打、29打点で得点圏打率は・221と物足りない数字が並ぶ。支配下登録されている外国人は7人。現在はヤングマン、メルセデス、マシソン、マギーの4人が1軍に登録されている。外国人枠を巡る複雑なチーム事情の中で、信頼を落とす行為となった。

 フロント幹部は「感情的になっている」と話したが、一選手が指揮官との面談を拒否するのは異例。指揮官は事情を理解し、再度の面談を了承したという。だが、それ以前に、中日時代から感情の起伏が激しいという声も上がっていた助っ人の“改心”が必要になりそうだ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(月) 6:05