ここから本文です

激売れ新型「ジムニー」世界的ヒット車に? 海外では「ベビーG」の愛称も

7/15(日) 6:30配信

くるまのニュース

新型「ジムニー」はどんなモディファイが似合う?

 スクエアなフォルムで、各部に初代、2代目のレトロな香りを漂わせる新型ジムニー。3代目がSUVを意識してデザインされたのに対して、新型は「道具感」を演出したものになっています。

新型ジムニーはオプションもいっぱい!画像で詳細をチェック(18枚)

 日本のみならず海外でも非常に好評で、大ヒットの予感があります。多くのユーザーは、メルセデス・ベンツのGクラスに似ていると感じたようで、海外ではすでに「ベビーG」などという気の利いた愛称が付けられています。

 初めて実車を見た時、非常に完成度の高いクルマだという印象を受けた一方で、ジムニーファンの多くが手を出すモディファイという面では、正直「これは難しい」と感じました。

 歴代のジムニーのドレスアップやチューニングを手がけている専門ショップ「アピオ」の河野仁社長も、「新型は完成度が高すぎて容易に改造ができないだろう」といいます。

 さらに「サスペンションについてもノーマルは文句の付けようがありません。安易に車高アップをすれば、かえって走りをスポイルしてしまう恐れがあるので、本来の良さをどう活かすかが課題。またドレスアップするのであれば、さりげなくやったほうが効果的だと思います」ともおっしゃいました。
 では、純正のオプションパーツはどのようなものがラインナップされているのでしょうか。

 カタログを見ると、ジムニーとジムニーシエラでは多少違うアプローチがなされていることが分かります。

 これは個人的見解になりますが、両モデルとも平坦な面が多く、特にサイドは若干間延びした感じがします。メルセデス・ベンツGクラスはウエストラインにプロテクターを装着することで、その間延び感を抑えているのが分かります。

 スズキ純正オプションでは、ドアシルやウエストラインに装着するデカールが多くラインナップされています。ジムニーにはオーバーフェンダーが装着されていないため、サイドの面でアクセントになる部分があまりありません。こうしたデカールを付けることでグッと引き締まるのが、カタログを見るとよく分かります。特にドアシルガード風のデカールは、ジムニーを実にシャープに見せてくれます。

 2代目時代に採用されていたサイドデカールが、現代風にアレンジされて復刻しているのは、往年のファンにとってはうれしいかぎりです。このレトロフューチャーなデザインのデカールは、シエラ用もラインナップされていますが、ジムニーの方がマッチングがいい気がします。

1/2ページ