ここから本文です

道重さゆみ、結婚よりも“いきなりステーキ”「空きあらば会いたい」【動画付き】

7/15(日) 10:02配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 元モーニング娘。の道重さゆみ(29)が14日、都内で行われた3年9ヶ月ぶりの写真集『DREAM』(ワニブックス刊)発売記念握手会前に囲み取材に参加した。20代最後の年を迎え結婚願望を聞かれた道重は「いつかはしたいし、子どもほしい」としつつも「20代最後とか何歳までみたいな焦りはないです」と告白。現在はドハマリしているという“いきなりステーキ”に夢中だそうで「今、実はいきなりステーキが恋人なんですよ」とアツすぎる“いきステ”愛を語った。

 「すきあらば会いたい」というほどの“いきステ”には、先月は月4回来店。通算2万グラム食べると作れるという「プラチナカードをつくりたい」と目標を掲げると「カードを作ったばかりで、まだ1000グラムくらい…。プラチナカードを作るのが今の夢です」と目を輝かせた。「はやくいきなりステーキに会いたいってなる。裏切らないんですよ、おいしさは。いつ会ってももてなしてくれる」とすっかり虜になっていた。

 2014年11月にグループを卒業、約2年間の活動休止後、2017年春より現在はステージを中心に活躍。休止期間はたくさん寝たりゲームをしたりと気ままに過ごしてきたが「ファンのみなさんに会いたいという気持ちがあふれてきた。ゆっくりしながら自分になにができるか考えるなかで、お休みして1年ぐらいでまとまった。そこから会社と相談して復帰の仕方を決めました。(今後は)歌とかダンスをやってファンのみなさんがいるという空間に自分がいるのが好きなので」と方向性を明かした。

 グループ在籍時からの変化については「昔はグループでやってるのもあって『前にでたい』みたいな自分が自分がみたいな精神、必死な感じがすごかった。当時のVTRを観ると性格の悪さがにじみ出てる…」と自虐する場面も。約3年半を経て「心に余裕ができた。ナチュラルな自分でいたいし、それが自分にもあってるし、好きなので、そんな自分を好きといってもらえるように日々頑張ります」と自然体な笑顔をみせていた。

最終更新:7/15(日) 10:02
オリコン