ここから本文です

ベルギーW杯最高成績の3位!得意のカウンター攻撃でイングランド下す

7/15(日) 1:54配信

東スポWeb

【ロシア・サンクトペテルブルク14日(日本時間15日)発】ロシアW杯の3位決定戦でベルギーが2-0でイングランドを下し、1986年メキシコ大会4位を上回るW杯最高成績「3位」となった。

 ベルギーは前半4分、得意のカウンター攻撃で先制した。FWロメル・ルカク(25=マンチェスターU)からのスルーパスを受けたMFナセル・シャドリ(28=ウェストブロミッジ)がゴール前にクロス。これをMFトーマス・ムニエ(26=パリSG)が押し込んだ。

 後半はイングランドがボールを支配する展開。同25分、MFエリック・ダイアー(24=トットナム)がドリブルで斬り込んだ。飛び出してきたGKの頭を越えるシュートを放ち、同点かと思われたが、ベルギーDFトビー・アルデルウェイレルト(29=トットナム)がギリギリのところで蹴り出した。

 後半37分、ベルギーは再びカウンター攻撃を炸裂。MFケビン・デブルイネ(27=マンチェスターC)からパスを受けた主将のFWエデン・アザール(27=チェルシー)が2点目のゴールを決め、イングランドを突き放した。

 ベルギーは1次リーグG組最終戦に続いてイングランドに勝利。電光石火のカウンター攻撃で歴史を塗り替えた。

 なお、得点王争いでトップのイングランドFWハリー・ケイン(24=トットナム)はこの日は無得点。通算6ゴールで今大会を終えた。4得点で2位タイのベルギーFWルカクもゴールを奪えず、後半14分に交代した。

最終更新:7/15(日) 1:54
東スポWeb