ここから本文です

<この世界の片隅に>まるで「朝ドラ?」の声 “既視感”の理由…

7/17(火) 7:30配信

まんたんウェブ

 こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)が15日、スタートした。コミックスの累計発行部数は130万部を突破し、2016年公開の劇場版アニメはロングヒットを記録と、多くのファンを持つ名作を実写化し、人気ドラマ枠「日曜劇場」で放送するということで、注目度も高かった本作。早速、視聴者からは「まるで朝ドラ?」「なんか朝ドラっぽい」「朝ドラ感がすごい!」などの声が上がっている。NHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」「ひよっこ」で知られる岡田惠和さんが脚本を手掛け、ヒロイン・すず役の松本穂香さんを筆頭に朝ドラ経験者が多数出演となれば、当然のことのようにも思えるが、果たして、それだけなのだろうか? この“既視感”の理由を探った。

【写真特集】「うちゃ、ぼーっとしとるもんで…」 ドラマのすずさんが可愛い! あのシーンも再現!!

 ◇朝ドラ女優集結 尾野真千子の和装から松坂桃李の“小さな恋人”まで…

 「この世界の片隅に」は、マンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で連載され、09年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。劇場版アニメでは女優ののんさんが、すずの声優を担当したことも話題となった。

 実写連ドラ化にあたり、TBSはまさに“朝ドラ級”の大規模なヒロイン・オーディションを敢行。約3000人の参加者の中から、昨年「ひよっこのメガネっ娘」として脚光を浴びた松本さんが選ばれ、今年5月に報道陣の前でお披露目された。

 同時にすずの夫・北條周作を、3月末まで「わろてんか」に出演していた松坂桃李さんが演じることも発表。周作の姉・黒村径子役で「カーネーション」の尾野真千子さん、ドラマのオリジナルキャラクター・刈谷幸子役で「ひよっこ」の伊藤沙莉さん、すずの妹のすみ役で「べっぴんさん」の久保田紗友さん、夫が出征中の主婦・堂本志野役で同じく「べっぴんさん」の土村芳さんの出演も明らかにされた。

1/2ページ

最終更新:7/17(火) 7:30
まんたんウェブ