ここから本文です

ソニーの技術力で一新!新型スマートロック登場

7/16(月) 12:01配信

bouncy

ソニー系ベンチャーが提供するスマートロック「Qrio Smart Lock」を、さらに改善した新型スマートロック「Qrio Lock」が、7月19日(木)から登場する。ソニーの技術力を集結し、前モデルの課題点を解決し、大幅改善された製品になっているという。

買える?

「Qrio Lock」は公式サイトや日本のAmazonで予約注文を受け付けており、7月19日から一般販売がスタートする予定。価格は税込24,840円となっている。スマホがなくてもボタンで解錠・施錠の操作ができる「Qrio Key」も、8月16日(木)に登場予定とのこと。

もっと詳しく

自宅のドアに両面テープで貼り付けるだけで使用可能になるスマートロック「Qrio Lock」。前モデルの機能を全て受け継いでいるほか、ベータ版として提供されていた機能が、正式機能として搭載されるなど、さまざまな改善が果たされている。

ハンズフリー解錠
「Qrio Lock」は専用アプリから解錠・施錠の操作が可能だが、前モデルでもベータ版機能として提供されていた「ハンズフリー解錠」が、正式に実装される。スマホを持って近づくだけでカギを開けてくれる機能で、スマホを出して操作する必要がないのはとても便利そう。

オートロック機能
ドアが閉まったことを検知して、すぐに自動で施錠してくれる「オートロック機能」を搭載。前モデルでは一定時間経過後にドアが閉まる機能があったが、新モデルではマグネットセンサーで反応するため、より素早く反応するようになったという。

高速レスポンス
前モデルではアプリからの施錠・解錠が数秒かかっており、レビューでも「もう少し反応が早ければ……」という声が多く見られた。「Qrio Lock」はアプリからの操作が即時反応するよう改善され、極限までレスポンスが高速化されているとのこと。

なお、ネット経由で離れた場所からの操作を可能にする「Qrio Hub」にも対応しており、もし同じ製品を持っている場合は、買い換える必要はない。さらに、スマホを持たせたくない子供でも操作できる「Qrio Key」も登場予定で、あらゆる問題点が解決されていることが期待される。
・ ・ ・

自宅のカギをオートで施錠から解錠までしてくれる「Qrio Lock」。便利なだけでなく、セキュリティの強化にも一役を買いそうだ。ソニーの技術力で改善された新型スマートロックで、ちょっと未来のスマートホームを体験してみては?

Qrio

Viibar.Inc

最終更新:7/16(月) 12:01
bouncy