ここから本文です

【石川】小力、変化球キレず乱調…輪島2年連続の3回戦進出ならず

7/17(火) 21:16配信

スポーツ報知

◆第100回全国高校野球選手権記念石川大会▽2回戦 鵬学園10―0輪島=6回コールド(17日・石川県立)

 輪島が大敗を喫し、2年連続の3回戦進出を逃した。

 先発左腕の背番号7・小力(こりき)雄太(3年)は初回を無失点で切り抜け、上々の立ち上がり。しかし2回、先頭打者にヒットを浴びると、「スライダーなど変化球が低めに決まらず、高めに浮き始めた」と制球を乱し、3安打と四球で一気に3失点。マウンドを背番号1の川崎俊哲(2年)に譲った。

 しかし鵬学園打線の勢いを止められず、この回8失点。試合が決まってしまった。小力は10点を追う6回、2死走者なしで遊ゴロに倒れ、最後の打者となった。

 試合後、1回1/3を3安打4失点だった小力は号泣。2回に突如、変化球のキレをなくし「走者を背負って弱気になったのかもしれない。もっと強気に投げれば良かった」と声を詰まらせた。

 冨水諒一監督は「小力があんなに制球が乱れるのは見たことがない。タイムを取って、間を取ってあげれば良かった」と振り返った。

 この日のスタメンは川崎ら7人が2年生。小力は「1、2年生にはしっかり練習して、甲子園に行ってほしい」と思いを託した。

 初回先頭で中前打を放った1番・細畑あつ三塁手(2年)は「力不足。もっと出塁してリードオフマンの役割を果たしたかった」と反省し、「まずは秋に優勝したい」と、最上級生となる新チームでさらなる成長を誓った。

最終更新:8/13(月) 8:54
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/15(水) 12:40

あわせて読みたい