ここから本文です

羽生善治棋聖、タイトル100期なるか?豊島将之八段が初タイトルか 最終戦対局中/将棋・棋聖戦五番勝負

7/17(火) 9:01配信

AbemaTIMES

 将棋の棋聖戦五番勝負第5局が7月17日、東京都千代田区の都市センターホテルで始まった。11連覇を目指す羽生善治棋聖(竜王 47)と、豊島将之八段(28)はお互い譲らず2勝2敗でフルセットに。ここまで4局すべて先手番が勝利しており、この日の対局は羽生棋聖の先手番となっている。羽生棋聖が勝てば、タイトル通算100期の大偉業を達成するため、将棋界では大きな注目を集めている。

 2人の過去の対戦成績は羽生棋聖の14勝12敗とわずかにリード。ただ羽生棋聖は今年度15局で6勝9敗、勝率.400と苦戦が続いている。挑戦者の豊島八段は20局指して13勝7敗、勝率.650と好調。棋聖戦だけでなく、王位戦でもタイトル挑戦中で、念願の初タイトル奪取だけでなく、一気に複数冠も期待されている。

 羽生棋聖は、この対局に勝利すると、2008年以来保持している棋聖位が11連覇となり、同時に前人未踏のタイトル通算100期を達成。2位の大山康晴十五世名人(80期)を大きく離しており、昨年達成した永世七冠、今年2月に受賞した国民栄誉賞とならび、新たな金字塔を打ち立てることになる。

 持ち時間は各4時間。

最終更新:7/17(火) 9:01
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事