ここから本文です

ホンダ 新型「N-VAN」はフックからスペアタイヤまで工夫満載! 長尺物の積載も諦めず

7/17(火) 14:30配信

くるまのニュース

N-VANは決して長い板の積載をあきらめていない

 ホンダの新型N-VANのインテリアといえば、折りたたんでフラットになる助手席と後部座席によりフラットになることがアピールされていますが、反対に従来の軽バンに比べて板などの積載性が劣る部分もあります。従来の軽バンとなるアクティ バンが運転席シート後ろ側から後部まで最大1940mmあったことに対してN-VANは1510mm。しかし、N-VANは積載を全くあきらめていません。

ホンダ 新型「N-VAN」の画像をチェックする(14枚)

 例えば板ならば立てることで積むことが可能になるものもあります。立てかけるためには純正アクセサリー「ラゲッジアシストポール」などを使うほか、頑丈なタイダウンフックは立てた資材を固定するためにも役立ちます。

 すべてがこの方法で解決するわけではありませんが、助手席まで折りたたんだ場合の荷室長は最大2635mm。ホンダでは、室内に幅広の脚立を立てて積み込み、荷室が変化することに対する答えとしています。

 固定するためのフック類ですが、バイク積載にも使えるという強度を持つとしており、どんな積載物もしっかり固定しておくことができます。そのうち、運転席のシート後方の位置にあるフックは大きくてフレームに固く結合されており、フック自体の強度も非常に高いものとなっています。万一の際のためにしっかりと締め付けることもでき、安心して荷物を積むことができます。

 強度については、実際にフックに触れてみると剛性感を感じることができます。自動車のトランクのフックといえば、強い力で締め付けるとフック自体が曲がったり、外れてしまったりしそうなものも見受けられますが、N-VANに関してはそれがありません。

ヘッドレストの収納場所がある

 助手席と後部座席を折りたたんでフラットになるということが訴求されていますが、ただ、折りたためるだけでなく工夫を発見することができます。

 まず、ダイブダウンするときに邪魔になるのが座席のヘッドレスト。薄くて非常用シートの印象すらある後席ですが、ビジネス向けのGやL以外はヘッドレストに相当するシートピローがあり、後部座席に座る人の安全性や快適性を少しでも確保しようという意図が感じられます。

 ただし、ヘッドレストを搭載すると困るのはフラットにした際の置き場所。フラットに折りたたむためにはヘッドレストを外す必要があり、その置き場に困ることがあります。

 N-VANでは助手席のヘッドレストは助手席ドアに、後部座席のシートピローは後部のラゲッジスペース壁面に収納する場所を用意しています。外して車庫に置いておいて必要なときに使えなかったり、紛失してしまったりということがなくなりそうです。

1/2ページ