ここから本文です

なぜ今、CR-VとRAV4が復活するのか!?

7/17(火) 15:03配信

オートックワン

国内復活を果たすCR-VとRAV4

SUVのホンダ CR-Vとトヨタ RAV4が、新たに発売される。いずれもかつて国内で売られて終了した経緯があるから、復活ともいえるだろう。

国内復活間近の新型CR-VとRAV4をチェック(画像88枚)

販売店によると、新型CR-Vの生産や納車を伴う「発売」は、直列4気筒1.5リッターターボエンジン搭載車が2018年8月30日、2リッターエンジンをベースにしたハイブリッドは9月末とされる。

しかし受注は7月14日に開始され、メーカーに注文を入れることも可能だ。今は生産を合理化するため、車両を一切見られない状態で受注を開始して、顧客を待たせる売り方が当たり前になった。CR-Vも同じパターンだ。

新型RAV4の発売時期は今のところ未定とされるが、一部の販売店からは「2018年の末」という話が聞かれる。

ボディの肥大化と共に海外指向となったCR-VとRAV4

ホンダ CR-Vの初代モデルは、比較的コンパクトなシティ派SUVとして1995年に発売された。ボディサイズの割に車内が広く、ファミリーユーザーを中心に人気を得た。3ナンバー車でも視界が優れ、運転しやすいことも特徴だった。

ところがデビュー後はフルモデルチェンジの度に海外指向を強め、2006年に発売された3代目では、全幅が1800mmを超えた。2011年発売の4代目まで含めて売れ行きが下がり、2016年に生産を終えている。5代目は北米や中国で販売されているものの国内では発売されなかったのだが、急遽日本でも販売される事になった。

トヨタ RAV4の経緯も似ている。初代モデルの発売は1994年で、5ナンバーサイズのコンパクトな3ドアボディで登場した。翌年に5ドアを加えて、ファミリーユーザーの間でも人気を高めた。

それが2000年発売の2代目では3ナンバー車に拡大され、2005年の3代目では全幅が1800mmを超えてしまう。トヨタでは1997年に上級SUVのハリアー、2007年には3列シートも選べるRAV4のロング版的なヴァンガードを加えたから、RAV4はますます人気を失った。従って4代目は国内販売されなかったが、5代目は国内でも復活させることになった。

1/3ページ

最終更新:7/18(水) 12:08
オートックワン

あなたにおすすめの記事