ここから本文です

全米OP 賞金総額が過去最高の59億円に<テニス>

7/18(水) 18:40配信

tennis365.net

全米オープン

全米テニス協会(USTA)は17日、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の賞金総額が昨年よりも260万ドル(約2億9,000万円)増額されると発表した。

【最終戦ランク 錦織トップ10へ】

全米テニス協会の発表によると、全米オープン50回目の開催となる今年の賞金総額は過去最高の5,300万ドル(約59億円)。

男子・女子シングルスの優勝賞金は各380万ドル(約4億2,000万円)となり10万ドル(約1,100万円)の増額。準優勝時の賞金は185万ドル(約2億円)、男子・女子ダブルスペアへの優勝賞金は70万ドル(7,900万円)となる。

全米テニス協会の会長であるカトリーナ・アダムスは「2018年は特別な年。50周年の記念だけでなく、5年の歳月をかけて、ビリージーン・キング・ナショナル・テニス・センターも改装が完了した。私たちは前に進まなくてはいけない」と語った。

今年の全米オープンは8月27日から9月9日まで行われる予定。

昨年は男子シングルスではR・ナダル(スペイン)が3度目のタイトルを獲得し、女子シングルスではS・スティーブンス(アメリカ)が同大会初優勝を果たしている。

2018年の全米オープンシングルス賞金額は以下の通り

優勝:380万ドル(4億2,000万円)

準優勝:185万ドル(約2憶円)

ベスト4:92万5,000ドル(約1憶円)

ベスト8:47万5,000ドル(5,300万円)

4回戦:26万6,000ドル(2,900万円)

3回戦:15万6,000ドル(1,700万円)

2回戦:9万3,000ドル(約1,000万円)

1回戦:5万4,000ドル(約600万円)

tennis365.net

最終更新:7/18(水) 18:40
tennis365.net