ここから本文です

【高校野球】早実、日本文理…各地で相次ぎ敗れる強豪校&注目校、甲子園への道は険しい

7/18(水) 22:15配信

Full-Count

選抜ベスト4の三重や同ベスト8の日本航空石川も敗退

 第100回全国高等学校野球選手権は、全国各地で地方大会が開催されており、熱戦が繰り広げられている。100回の記念大会ということで埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7府県は東西ないし南北に二分され、甲子園には大会史上最多となる56校が出場する。

【表】早稲田実業が早々に姿を消す…屈指の激戦区、西東京大会のトーナメント表

 各地で地方大会が進み、沖縄などベスト4が決まった地域もある。その一方で今大会は各地で今春の選抜出場校や強豪校、注目校が早々と姿を消す波乱も相次いだ。選抜でベスト4に進出した三重が三重大会1回戦で姿を消しただけでなく、選抜出場校のうち8校が姿を消している。

 今春の選抜出場校や昨夏の代表校、大きな注目を集めていた高校で夢破れた主な学校は、以下のようになっている。(※は初戦敗退)

〇北北海道
滝川西(昨夏):地区大会2回戦敗退
 昨夏の北北海道代表だった滝川西は、北北海道大会の地区大会2回戦で岩見沢農に0-2で敗れて姿を消した。両チーム無得点のまま9回に突入。9回表に2点を奪われると、そのまま1点も挙げられずに敗れた。

○秋田
由利工(選抜):2回戦敗退※
 21世紀枠で今春の選抜に出場した由利工だったが、夏初戦となった2回戦で秋田に2-3で敗戦。5回に1点を先制したが、6回に逆転を許すと、ひっくり返すことが出来ずに、まさかの初戦敗退となった。

○栃木
国学院栃木(選抜):2回戦敗退
 選抜16強の国学院栃木は、2回戦で宇都宮工に1-2で敗戦。5回に2点を先制されると、最後まで宇都宮工の先発小林を打ち崩せず、7回に1点を返すにとどまった。宇都宮工も春5回夏4回の甲子園出場を誇る古豪。

○西東京
早実:4回戦敗退
 古くは荒木大輔、そして斎藤佑樹、清宮幸太郎と注目選手を輩出してきた早実。今夏も野村大樹というプロ注目の強打者を擁したが、4回戦で姿を消した。2016年夏に甲子園に出場している実力校の八王子と戦い、6回までに5点のビハインドを背負う劣勢に。終盤の追い上げも及ばなかった。

○石川
日本航空石川(選抜):2回戦敗退※
 今春の選抜でベスト8まで進出した日本航空石川は、まさかの初戦敗退となった。春季県大会でも準優勝し優勝候補の一角に挙げられていたが、1960年と1973年に夏の甲子園出場経験のある古豪・金沢市工に3-5で敗れた。

1/3ページ

最終更新:7/18(水) 23:34
Full-Count