ここから本文です

史上初の珍事が続出! W杯決勝で初めて起こった3つの出来事

7/18(水) 20:40配信

SOCCER KING

 1カ月に渡って熱戦が繰り広げられたロシア・ワールドカップは、フランスの5大会ぶり2回目の優勝で幕を閉じた。今大会はクロアチアの初の決勝進出が大きな話題となったが、その決勝では他にも“初めて”の出来事が次々と起こる印象深い一戦となった。W杯決勝で初めて起こった3つの出来事を紹介する。

【動画】長谷部誠の日本代表でのキャリアを振り返る

1、オウンゴール

 クロアチアは18分にマリオ・マンジュキッチのオウンゴールで先制点を献上。過去19回の決勝で合計66ゴールが生まれているが、オウンゴールによる得点は史上初めてだった。なお、今大会のオウンゴールはW杯史上最多の12回を数えた。

2、シュートゼロで得点

 上述のオウンゴールでフランスが先制するまで両チームのシュート数はゼロ。1本もシュートを打たずしてゴールが生まれるのはW杯史上初の珍事だった。2014年大会のアルゼンチン対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦でも開始3分にオウンゴールでアルゼンチンが先制するというケースがあったが、直前にマルコス・ロホがシュートを打っていたため、「シュートゼロでの得点」とはならなかった。

3、VAR

 36分のフランスのCKの場面で、アントワーヌ・グリーズマンの蹴ったボールがエリア内でクリアを試みたイヴァン・ペリシッチの腕を直撃。このプレーがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の対象となり、フランスにPKが与えられた。VARがW杯決勝の舞台で活用されたのはもちろん、これが初めて。なお、VARは今大会を通じて計20回使われ、うち17回は最初の判定が覆った。

SOCCER KING

最終更新:7/18(水) 20:40
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報