ここから本文です

ホンダ、新型プラグインハイブリッド『クラリティPHEV』発売 588万0600円

7/19(木) 20:00配信

レスポンス

ホンダは、新型プラグインハイブリッドモデル『クラリティPHEV』(Honda Clarity PHEV)を7月20日に発売すると発表した。

[関連写真]

ホンダは、2030年をめどに四輪車グローバル販売台数の3分の2を電動化することを目指し、電動車両の開発を進めている。クラリティPHEVは高い環境性能に加え、力強いEV走行性能、大人5人がゆったり座れる上質な居住空間や広い荷室スペースといった、上級セダンとしての魅力を兼ね備えたプラグインハイブリッド車だ。

新型車は、直列4気筒1.5リットルアトキンソンサイクルエンジンと2モーターハイブリッドシステムをホンダ初の組み合わせで採用した。総電力量17.0kWhの高容量・高出力バッテリーやコンバーターの高出力化など、電動コンポーネントの性能向上により、最高出力184ps、最大トルク315Nmの力強い走りと、EV走行距離114.6kmを実現。さらにEV走行駆動力を大幅に高めることで、走り出しから高速域まで、EV走行の持続範囲を大幅に伸ばしている。

高容量・高出力バッテリーと高圧デバイスを一体化したインテリジェントパワーユニット(IPU)は薄型化して床下に配置。ハーネスや12V DC-DCコンバーターをセンタートンネル部に格納することで、広い室内空間と低全高セダンフォルムを実現している。また、バッテリーの冷却には水冷方式を採用し、コンパクトなレイアウトで効率的に冷却することで小型化とバッテリーの耐久性向上を実現した。

ドライブモードは、「EVドライブ」「ハイブリッドドライブ」「エンジンドライブ」の3つを搭載。EV走行を中心に、バッテリーの充電状態や走行の状況に応じて常に最適なモードを自動的に選択し、シームレスに切り替える。また、アクセルペダルを一定量踏み込んだ位置にクリック感(反力)が生じるポイントを設定。ECONモードでの走行時は、ペダルの踏み込みをポイントの手前までにすると、エンジンの始動を抑え、EV走行をより長く持続する。

充電システムには、普通充電ポートに加え、急速充電・外部給電ポートを標準装備。国際標準規格「CHAdeMO」に対応し、約30分で満充電量の80%を充電可能。急速充電中にエアコンやオーディオ、シートヒーターなどが使用できる「コンフォートチャージ」機能も搭載し、充電中も車内で快適に過ごせる。充電施設については、標準装備のHondaインターナビでNCS(日本充電サービス)ネットワークの充電器設置場所を簡単に検索でき、充電スタンドまでのルート案内に加え、空き情報なども知ることができる。

スマートフォンで専用アプリ「Honda Remote App」を使用することで、航続可能距離や高電圧バッテリー残量、車内温度の車両情報を取得できるほか、タイマー充電設定や充電用リッドのオープン、エアコンのオン/オフ操作や出発時間に合わせたタイマー設定が遠隔で可能。またBluetooth通信を採用し、施錠・ドアなどの閉め忘れ通知や、広い駐車場で車を見つける「カーファインダー」などの機能を応答性の良い通信状況で使用できる。

安全運転支援システムについては「ホンダセンシング」を標準装備。衝突軽減ブレーキ(CMBS)、歩行者事故低減ステアリング、誤発進抑制機能、路外逸脱抑制機能、標識認識機能、LKAS(車線維持支援システム)、先行車発進お知らせ機能、渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を備える。

ボディカラーはコバルトブルーパール、プレミアムディープロッソパール、プラチナホワイトパール、スーパープラチナメタリック、モダンスティールメタリック、クリスタルブラックパールの全6色を、インテリアカラーはホワイトアイボリーとブラックの2色を用意。価格は588万0600円。

なおホンダは、クラリティPHEVの発売に合わせ、NCSネットワークの充電器約2万0800基が利用できる独自の充電カードサービス「ホンダ チャージング サービス」を用意するとともに、全国のホンダカーズへの急速充電器配備を進め、電動車の本格的な普及に向けて取り組んでいく。


《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/19(木) 20:00
レスポンス