ここから本文です

【ツール・ド・フランス2018 第11ステージ結果速報】圧倒的な強さを見せたチーム スカイ、度肝を抜くゲラント・トーマスの逆転区間優勝!

7/19(木) 6:00配信

J SPORTS

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第11ステージハイライト

アルプス3連戦2日目はアルベールヴィルを出発する108.5km、超級山岳2つ、2級と1級を1つづつ登る獲得標高4,000m超えの試練のステージ。スタート地点から11.5kmの位置に中間スプリントポイントがあるため、逃げグループの中にマイヨ・ヴェール着用中のペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)の姿が見える。

5選手での先頭グループ、サガン、ダミアーノ・カルーゾ(BMCレーシングチーム)、ワレン・バルギル(チーム フォルテュネオ・サムシック)、ダニエル・ナバーロ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ロメン・シカール(ディレクトエネルジー)の背後には山岳賞ジャージ着用のジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)など大人数が追走している。中間スプリントポイントをサガンが先頭通過で20ポイント獲得、超級ビザンヌ峠に入るとサガンのみペースダウンした。

追走が先頭グループに追いつき40人で山頂を目指す、アラフィリップとバルギル、ティージェイ・ヴァンガーデレン(BMCレーシングチーム)らが抜け出し、アラフィリップが先頭通過、メイン集団とのタイム差は6分ついている。下りで先頭3人と追走グループがジョイントし31人で超級プレ峠へ。チーム フォルテュネオ・サムシックの牽引で先頭グループは登坂し、メイン集団ではモヴィスター チームがペースアップをはかり、リゴベルト・ウラン(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)やマイヨ・ジョーヌ着用中のグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシングチーム)はついていけなくなった。

山頂まで3.7kmの地点でアレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム)がメイン集団から抜け出し、先頭グループから降りてきたマルク・ソレル(モヴィスター チーム)と一緒に先を急ぐ。バルギルが山頂を先頭通過し、2級コルメ・ド・ロズラン峠で先頭グループは14人にまで減少、引き続きチーム フォルテュネオ・サムシックが淡々とペースを刻み山頂を目指している。メイン集団ではヴィンチェンツォ・ニバリ、フランコ・ペッリツォッティ(共にバーレーン・メリダ)がペースをあげるとラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)はついていけなくなり、先頭グループまでのタイム差は3分台まで縮まった。

1/5ページ

最終更新:7/19(木) 6:25
J SPORTS