ここから本文です

ワニ約300匹殺される、男性1人死亡の「報復」 インドネシア

7/19(木) 9:11配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【7月19日 AFP】インドネシアで、男性1人がワニに殺害され、これに激怒した集団が300匹近いワニを殺す事件があった。当局が16日、明らかにした。

 警察と野生生物保全当局によると、現場は同国最東部パプア(Papua)州。男性(48)が家畜の餌となる牧草を探していたところ、保護種に指定されているワニの養殖場に落下。男性はワニに脚をかまれた上、尾で打たれたのが致命傷となって亡くなったという。

 住宅地のそばに養殖場があることに激怒した男性の親族と近隣住民らは、14日に行われた葬儀後に地元警察署へ押し掛けた。

 同地の野生生物保全局は、養殖場側が賠償金を支払うことに同意したと説明したものの、「数百人」規模で暴徒化した一行は納得せず、ナイフやなた、シャベルを手に養殖場へ向かい、「報復」として292匹のワニを殺したという。死んだワニの中には、10センチほどの幼体から2メートルの成体もいたとされる。

 警察や保全当局者の方が数では上回ったにもかかわらず、ワニへの非情な攻撃を阻止することはできなかった。当局は捜査に乗り出しており、刑事責任を問う可能性もあるという。

 映像は14日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7/19(木) 9:11
AFPBB News