ここから本文です

「ザコと行く三浦海岸!京急ヒャッハートレイン」運転 車内で舞台出演者によるイベントも

7/19(木) 16:45配信

乗りものニュース

「ななつぼし」米のおにぎり弁当付き

 京急電鉄とノース・スターズ・ピクチャーズ、音遊は2018年7月19日(木)、貸切イベント列車「ザコと行く三浦海岸!京急ヒャッハートレイン」を8月11日(土・祝)に運行すると発表しました。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

「北斗の拳35周年×京急120周年記念『北斗京急周年のキャンペーン』」の一環として企画。品川駅を9時02分に出発し、ノンストップで三浦海岸駅(10時07分着)へ向かいます。車両は『北斗の拳』や「OTODAMA SEA STUDIO」のイラストをあしらった新1000形電車(8両編成)です。

「OTODAMA SEA STUDIO」は三浦海岸のライブハウスで、イベントに参加すると当日開催の「北斗の拳&蒼天の拳 スペシャルミニライブ&トークイベント」の特別観覧券が付いてきます。このほか「京急ヒャッハートレイン」」の車内では、舞台「北斗の拳―世紀末ザコ伝説―」の出演者によるクイズ大会や記念撮影、「ななつぼし」米を使った「北斗七星オリジナルおにぎり弁当」(軽食)の配布などが予定されています。

 募集人数は先着100人、参加費は6000円です(税込。大人、子供同額)。申し込み受付は、7月23日(月)午前10時から京急電鉄ウェブサイトの特設ページで行われます。

乗りものニュース編集部