ここから本文です

町税滞納許しません ミラーに鍵掛け車差し押さえ

7/19(木) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県白浜町は、町税滞納者の自動車を差し押さえる「ミラーズロック」を7月から導入した。県内市町村では初めて。徴収率は9割を超えているが、県内市町村の平均よりも少し低く、町では「今回の導入で滞納を効果的に整理し、徴収率の向上につなげたい」と話している。

 町ではこれまで、滞納者の預貯金や不動産、給与などを差し押さえてきたが、自動車はなかったという。法律では「督促状の発送から10日たっても納税がない場合は差し押さえをしなければならない」と決まっている。

 ミラーズロックは、差し押さえたことを示す文書を入れるケースを鍵付きのワイヤロープで運転席側のサイドミラーに掛け、「運行を禁ずる」と記したマグネットシートとビニールテープでつなげる。シートは車体に貼る。

 壊したり、文書を無視して運転したりすると罪に問われることがある。差し押さえは完納するまで解除しない。納付がなかったり、一部しか納付しなかったりした場合は、公売して滞納分に充当する。

 町税務課によると、2016年度の町税徴収率は93・7%。ここ数年は上昇しているが、毎年、年間未納額が1億円を超えている。県内市町村の16年度の平均は96・3%だった。

最終更新:7/19(木) 17:00
紀伊民報