ここから本文です

(社説)ウナギ不漁―食べ尽くさないために

7/20(金) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 土用丑(どよううし)の日に、ウナギのかば焼きを食べる。そんな風習が過去のものになる瀬戸際が、近づいているのかもしれない。
 ニホンウナギは、春にかけて海岸近くにきた稚魚をとり、養殖池で育てる。国内で今年4月末までの漁期にとれた稚魚は、史上2番目に少なかった。
 国際自然保護連合は2014年に、ニホンウナギを絶滅危惧種としてリストに載せた。環境省も、漁獲量の激減を踏まえ「近い将来、野生での絶滅の危険性が高い」と認定している。
 そうした危機的状況にもかかわらず、ニホンウナギについては、科学的な根拠に基づく資源管理がまったくできていない。…… 本文:992文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社