ここから本文です

【ツール・ド・フランス2018 第12ステージ結果速報】ラルプ・デュエズでのスプリント勝負はマイヨ・ジョーヌ着用のゲラント・トーマス

7/20(金) 6:00配信

J SPORTS

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第12ステージハイライト

今大会のクイーンステージ、ラルプ・デュエズ山頂をフィニッシュとする超級山岳3つ、2級山岳1つの獲得標高5,000m超え、通算登坂距離65km以上の超難関レイアウト。リゴベルト・ウラン(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)が未出走の161選手が出発、アクチュアルスタートから積極的なアタックがかかり逃げグループが形成されない状態のまま、最初の超級マドレーヌ峠へと到着。

シルヴァン・シャヴァネル(ディレクトエネルジー)やワレン・バルギル(チーム フォルテュネオ・サムシック)、ラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)らが山頂を目指しペースを上げるとアンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)、トニー・ガロパン(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)、ディラン・フルーネウェーヘン(チーム ロットNL・ユンボ)、リック・ツァベル(チーム カチューシャ・アルペシン)らが早々に遅れ始め、フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ)も含めコース途中でリタイア、大勢のスプリンターが大会を去っていった。

ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)が先頭で山頂を通過し山岳賞ジャージのキープに成功、下りでピエール・ローラン(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)が先頭に出ると、特徴的な九十九折りの2級モンヴェルニエ、中間スプリントポイントを独走、超級クロワ・ド・フェール峠で追走していたアレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム)、ステフェン・クライスヴァイク(チーム ロットNL・ユンボ)らと合流し11人で登坂開始、メイン集団はチーム スカイのコントロールで4分程度後方を走る。

山頂まで19km地点でクライスヴァイクが1人抜け出し独走開始、バルギルやマイカ、ダニエル・マルティネス(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)、ミケル・ニエベ(ミッチェルトン・スコット)らが追走するもタイム差はどんどん開いていく。クライスヴァイクはそのまま山頂を先頭通過、下りではメイン集団が徐々に差を詰め追走グループを全員吸収、前方はクライスヴァイクのみとなった。

1/4ページ

最終更新:7/20(金) 6:00
J SPORTS