ここから本文です

【映像】オランウータンの子ども保護 ボルネオで国際動物保護団体

7/20(金) 13:47配信

アフロ

 国際的動物保護団体「インターナショナル・アニマル・レスキュー(IAR)」は6月19日、東南アジアのボルネオ島で保護された、推定年齢2歳のオランウータンの映像を公開した。
 「ウカ」という名前のオランウータンは、ボルネオ島のインドネシア領西カリマンタン州で、島民に飼われていたところをIARが保護したもの。果物と加糖練乳を餌に与えられていたウカは、ヒトから感染したとみられる風邪の症状を呈していた。IARによると、このままの状態で放置されていれば、風邪の症状が悪化し、悲惨な状態になった可能性もあったという。
 健康診断を受けたウカは、IAR職員が与えたクマの縫いぐるみを大事そうに持って、同島のケタパンにあるIAR運営のオランウータンリハビリテーション・センターに移送された。

(インドネシア、ケタパン、7月20日、映像:International Animal Rescue via Storyful/AFLO)

最終更新:7/20(金) 13:47
アフロ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ