ここから本文です

Comcast、Fox買収をディズニーに譲る--英放送局Sky買収に注力へ

7/20(金) 12:05配信

CNET Japan

 映画「X-MEN」はThe Walt Disney Companyのものとなり、一方、Comcastはその照準を英国に移そうとしているようだ。

 Comcastは米国時間7月19日、21st Century Foxの買収から撤退し、代わりに英国の放送局Skyに狙いを定めていることを認めた。

 Comcastの会長兼最高経営責任者(CEO)のBrian Roberts氏は、プレスリリースで次のように述べた。「DisneyのBob Iger氏とそのチームの成功を祝うとともに、これほど魅力的で立派な企業を作ったMurdochファミリーと21st Century Foxを賞賛したい」

 21st Century Foxは6月、すべて現金で650億ドル(約7兆3000億円)というComcastの入札額を上回る713億ドル(約8兆円)をつけたDisneyの提案に同意した。「X-MEN」「デッドプール」「ザ・シンプソンズ」などの人気シリーズを抱える21st Century Foxのエンターテインメント資産は、Disneyに大きな利益をもたらすだろう。

 ComcastがDisneyとの現金による競争から手を引き、21st Century Foxも入札に参加したSkyに焦点を合わせるとのうわさが、7月の半ばに流れていた。Comcastは先週、Skyに対する入札額を340億ドル(約3兆8000億円)に引き上げた。

 Comcastはプレスリリース以上のコメントを出していないが、高い入札額を提示したと述べ、買収提案に関する文書を公表した。

 Skyからのコメントは得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:7/20(金) 12:05
CNET Japan