ここから本文です

納車直後に大破してしまった高級スポーツカー

7/21(土) 14:10配信

Autoblog 日本版

それはある日突然に

最近、高価格で大出力のスポーツカーが2台、納車から間もなく大破したという情報が届いた。きっとその瞬間が訪れる間際までは、楽しい時間だったに違いない。

ショック…大破した高級車の写真

米国バージニア州フェアファックス郡グレートフォールズはワシントンDC郊外に位置する瀟洒な地域だ。ポトマック川沿いのこの町で、ある人物が前日に納車されたばかりのマクラーレン「720S」で、緑豊かな2車線道路をドライブして楽しんでいた。そして恐ろしいことが起きる。720Sが木に衝突し、大破してしまったのだ。フェアファックス郡警察署のコメントによれば、この事故は「スピードが原因」だという。

警察からのコメント

「金曜に納車され、土曜日に廃車に。およそ30万ドル(約3,400万円)する、このマクラーレン 720Sは本日、グレートフォールズでスピードの出し過ぎによって大破しました。ドライバーは病院に運ばれましたが、幸い命に別状はありません。スピードを落とさなければ、高い代償を払う可能性があることを忘れないでください」。

気持ちが高ぶり過ぎたせいで

そしてもう一件。廃車のオークションを行うCopart社のサイトには、ネブラスカ州リンカーンの倉庫に置かれた真新しい2019年型シボレー「コルベット グランスポーツ」が掲載されている。ただし、左側のフロント部分がつぶれ、ホイールは斜めに歪んだ状態だ。走行距離計はわずか15マイル(約24km)。このクルマに何が起きたのか我々には知る由もないが、フロントがどこかに激突し、シャシーも損傷を受けていることは推測できる。最高出力460hp、最大トルク64.2kgmを発揮する6.2リッターV8エンジンとリア部分は問題ないように見える。日本時間7月20日19時現在の入札価格は7万347ドル(約790万円)となっている。

どちらのケースも、気持ちが高ぶり過ぎたドライバーが強大なパワーを制御しきれなかったせいで起きたのではないかと思われる。マクラーレンの場合、720Sはクワッドカムの4.0リッターV8ツインターボが最高出力720ps、最大トルク78.5kgmを発生し、0-100km/h加速は2.9秒、最高速度341km/hのスーパーカーだ。事故を起こしたドライバーが初心者だったとは言わないが、720Sが初心者向けのクルマでないことは確かだろう。

警察はこの事故を「スピードを落とさなければ、高い代償を払う可能性があることを忘れないでください」とコメントしている。この720Sのオーナーが払った代償は30万ドルだ。とはいえ、ディーラーから走り始めた時点で、クルマの価値はそれよりも下がっているのだが。

Autoblog Japan

最終更新:7/21(土) 14:10
Autoblog 日本版