ここから本文です

スウェーデンで未曽有の猛暑・干ばつ、牧草育たず家畜処分する農家も

7/21(土) 12:57配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【7月21日 AFP】スウェーデンで未曽有の干ばつが発生している。国土の広い範囲で牧草が育たず、一部の農家は家畜を処分する事態に追い込まれている。

 首都ストックホルムの北に位置する町ノルテリエ(Norrtalje)で農業を営むヤコブ・グスタフソンさん(47)は、恵みの雨を降らせる雲を探して空を見上げながら、「これまで経験した中で今年は最悪だ。60年農業をしている父でさえ、こんなのは経験したことがない」と語った。

 スウェーデンは過去1世紀以上で最悪の猛暑にあえいでいる。5月初め以降は、6月中旬に13ミリの雨が降った以外は降雨量がほぼゼロだ。

 スウェーデン気象水文研究所(SMHI)のスベルケル・ヘルストロム(Sverker Hellstrom)氏は「スウェーデン南部と中部で5月は異常な暑さだった。最南端の6月は、この100年以上で最も暑かった」と語った。

 消防隊員らによると、スウェーデン全土、北極圏内でさえも森林火災が起きており、ストックホルム周辺では毎日20~30件の消火に当たっているという。

 気象予報によると、スウェーデンの大部分とデンマーク、ノルウェー南部とフィンランド北部は現在、猛暑に見舞われており、この暑さはすぐには収まりそうにないという。

 猛暑と干ばつの影響で、家畜用の牧草などが例年通り育たないため、農家はこの季節の作業を中断せざるを得ない状況に追い込まれている。

 グスタフソンさんは、高さ10センチあるかないかの牧草を指さしながら「例年の今頃は、30~40センチくらいに育っているはずだ」とAFPに語った。妻のアネッテさんと共に乳牛100頭以上を飼育するグスタフソンさんは、家畜を「生かすため」に冬用に蓄えておいた牧草を与えているが、新しい草が育っていないため「冬はどうなるか分からない」と不安そうだ。

 水不足に加え、牛乳も大きな懸念となっている。牛に十分な餌を与えられなければ、牛乳の品質も悪くなるからだ。グスタフソンさん一家の損失は、20万クローナ(約250万円)以上になると予想される。

 この未曽有の危機に対処するため、スウェーデンの農業組合は、消費者に対しては「スウェーデン製品を購入」し、生産者に対しては「スウェーデン人に販売」するよう呼び掛けている。映像はグスタフソンさんの農場。12日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7/21(土) 17:41
AFPBB News