ここから本文です

最高時速35km! 座っても立っても移動できる電動一輪モビリティ

7/21(土) 15:00配信

bouncy

Uno Bolt社が開発する「Uno Bolt MINI」は、最高時速35kmで走行できる電動コミューター。セグウェイのように立って乗るだけでなく、シートを装着することで座って移動することもできる。

買える?

現在、Indiegogoでクラウドファンディング中。1台699ドル(約7万8000円)で入手できる。プロジェクトが成功すれば、2018年12月には発送されるようだ。

夜間走行も想定されたUno Bolt MINIのフレーム

MINI下部のフレームはソリッドスチール製。メインコンピューター「Gyro-Force V2」が収納されている。バッテリーが収納されている上部フレームは強度の高いアルミニウム合金製になっている。

また、夜間走行用にLEDライトを搭載。さらに、MINI側面の「UNO BOLT」ロゴが光るので、360°から視認しやすいようになっている。フットレストは折りたためるので、収納時に便利だ。

LEDディスプレイで走行情報を確認できる

LED画面には、現在の速度、「%」でのバッテリー残量の表示、および走行距離計が表示される。スピードメーターには、出荷先の国によって「km/時」または「マイル/時」のいずれかを選べる親切設計になっている。

・ ・ ・

日本の道路交通法的に公道で走ることはできないが、大学のキャンパスの移動や街乗り、観光地の移動用など様々な用途を想定して設計された「Uno Bolt MINI」。普段の移動が快適になりそうだ。

Uno Bolt

Viibar.Inc

最終更新:7/21(土) 15:00
bouncy