ここから本文です

【ツール・ド・フランス2018 第14ステージ結果速報】32人の逃げGから勝利を掴んだのはフライレ、総合争いはデュムランだけがくらいつく

7/22(日) 6:00配信

J SPORTS

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第14ステージハイライト

中央山塊を登る188kmのステージは大逃げ狙いがアクチュアルスタートから果敢に仕掛けるかと思われた、1日でも長く山岳賞ジャージをキープしたいジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)が抜け出すも集団は様子を見ている。トーマス・デヘント(ロット・ソウダル)がゆっくり前に出ると集団がそのままペースアップ、縦に長くのびたところでシルヴァン・シャヴァネル(ディレクトエネルジー)もエスケープを試みる。速度が上がった状態のまま横風区間に入り、集団は大きく幾つにも分断された。バウケ・モレマ(トレック・セガフレード)やミケル・ランダ(モヴィスター チーム)ワレン・バルギル(チーム フォルテュネオ・サムシック)などが後方に取り残されたものの、風向きが変わったことで無事に集団復帰している。

前方にいたアラフィリップ、デヘント、オマール・フライレ(アスタナ プロチーム)、アントニー・ぺレス(コフィディス、ソリュシオンクレディ)の4選手が逃げ、のちに追走28選手がジョイントし総勢32名での先頭グループが形成された。4級山岳をアラフィリップが、中間スプリントポイントをペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)が先頭通過、メイン集団はタイム差を大きく容認し、この日最大で20分以上の差がついた。

2級峠でゴルカ・イサギーレ(バーレーン・メリダ)が先頭グループから抜け出すと山頂を先頭通過、トムイェルト・スラフテル(チーム ディメンションデータ)、ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード)の3人で先行、イヴ・ランパルト(クイックステップフロアーズ)らが後を追うも1分のタイム差が縮まらない。残り距離35kmで先頭3人の協調は崩れストゥイヴェンが独走を開始、強い向かい風と戦いながらゴールを目指す。

最後のクロワ・ヌーヴ峠(ジャラベール山/距離3km、平均勾配10.2%)、ストゥイヴェンから遅れること1分半の追走グループからデヘントとフライレが勾配のきつい登り口でアタック、残り距離2.5kmでアラフィリップも軽い足取りで集団から抜け出した。山頂手前でフライレがストゥイヴェンを捉え、先頭通過すると1.5kmのダウンヒルを駆け下り、自身初のツール区間優勝、今大会スペイン人初勝利を飾った。アラフィリップとストゥイヴェンは6秒後にフィニッシュ、サガンが12秒遅れで4着に入っている。サガンはポイント賞で2位のアレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ)に267ポイントの差をつけほぼ確定ラインまできている。

1/4ページ

最終更新:7/22(日) 6:07
J SPORTS