ここから本文です

花巻東 甲子園 盛岡大附に逆転勝ち 夏の高校野球岩手大会

7/22(日) 16:27配信

岩手日日新聞社

 第100回全国高校野球選手権記念岩手大会(県高野連など主催)は22日、盛岡市の県営球場で決勝が行われ、今春選抜大会8強で第1シードの花巻東が、3連覇を目指した盛岡大附を4-3で下し、夏は3年ぶり9度目、春夏連続の甲子園出場を決めた。

 花巻東は二回に2点の先制を許したが、四回に8番佐藤千暁(3年)の右前適時打で1点差に追い上げると、六回には代打の菅原颯太主将(3年)の左翼フェンス直撃の適時打で同点とした。七回に勝ち越されたものの、九回に1死二、三塁から暴投で追い付くと、2死後に3番田中大樹(3年)の内野ゴロが敵失を誘い逆転。その裏の盛岡大附の反撃を封じ、花巻東が参加66チーム(70校)の頂点に立ち、100回記念大会出場を勝ち取った。

 花巻東は2017年秋、18年春の県大会を制しており、3季連続の県大会優勝となった。春夏連続の甲子園出場は、菊池雄星投手(現西武)を擁し春準優勝、夏4強だった09年以来となる。

 全国大会は、8月5日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。100回の記念大会となるため例年より7校多い56校が出場する。組み合わせ抽選は同2日で、花巻東は選抜大会で果たせなかった日本一を目指す。

花巻東  000 101 002|4
盛岡大附 020 000 100|3

最終更新:7/22(日) 17:11
岩手日日新聞社