ここから本文です

【巨人】田中俊、明暗分けるミス…雪辱だ

7/23(月) 6:04配信

スポーツ報知

◆広島8―6巨人(22日・マツダスタジアム)

 記録には残らないミスが、試合の明暗を分けた。同点で迎えた7回1死。二塁・田中俊が菊池の二遊間への打球に対して一歩目で一塁へステップを踏んでしまい、逆をつかれる形で中前安打を許してしまった。「逆の方向に自分がいってしまいました…」。続く丸に上原が勝ち越し2ランを浴びるなど、結果的に痛恨のワンプレーとなってしまった。

【写真】マツダスタジアム11連敗の軌跡

 田中俊は2回にも先頭の松山の正面のゴロを捕球しようとしたが、グラブからすり抜ける失策を犯していた。7回のプレーについて、井端内野守備走塁コーチは「打球の予測はしても一歩目を踏み出したらダメ。どっちでもいける体勢にしておかないと」と守備での改善点を指摘した。

 それでも前日21日には適時打を放つなど、主将・坂本勇が抜けた大きな穴を、遊撃・吉川尚と埋めるべく懸命なプレーを見せている。この日味わった悔しさを次の試合でぶつける。

最終更新:7/23(月) 7:33
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(月) 19:40