ここから本文です

成田空港で五輪2年前イベント JALとANAの787も「参加」

7/24(火) 14:31配信

Aviation Wire

 千葉県は、東京五輪開幕まで2年となった7月24日、成田空港の日本航空(JAL/JL、9201)の格納庫で記念イベントを開催した。小中学生と保護者を招待し、大会や競技への理解が深まるのを狙う。イベントはJALと全日本空輸(ANA/NH)のボーイング787-8型機2機も「参加」した。

成田での東京五輪開幕2年前イベントでアスリートや観光客を「心からもてなす」と語る千葉県の森田知事=18年7月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 千葉県内はオリンピックとパラリンピックを合わせ、8競技が開催される。大会期間中の成田空港では、多くのアスリートと観光客の利用が見込まれる。

 千葉県の森田健作知事は、アスリートや観光客が大会後も県を再訪するよう、「心からのおもてなしをする」と力強く宣言した。

 格納庫の外には、JALの787-8(登録番号JA836J)とANAの国際線仕様787-8(JA831A)の2機がスタンバイ。チバテレビで放送中の「楽しもう! CHIBA de Tokyo2020」に出演する、元野球選手の里崎智也さんと、女優の佐藤藍子さんも参加した。

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズで捕手として活躍した里崎さんは、番組内で、テコンドーやフェンシングなど、県内で開催される競技に挑戦。番組に出演するアスリートは里崎さんに対し、「まったく手加減しない」(里崎さん)ようで、「体験すると、(未経験の競技を)身近に感じられる。番組を通して難しさも伝わる」と話した。

 このほか、テコンドーのパフォーマンス集団「ドラゴンキッカー」も登場し、演舞や板割りなどを披露した。

 東京五輪は2020年7月24日から8月9日まで33競技、東京パラリンピックは同年8月25日から9月6日まで、22競技で開催される。県内では五輪競技はフェンシングとサーフィン、テコンドー、レスリング、パラリンピック競技はゴールボールとシッティングバレーボール、パラテコンドー、車いすフェンシングの4種目ずつの開催を予定している。

Yusuke KOHASE

最終更新:7/24(火) 14:31
Aviation Wire