ここから本文です

フィリピンの子どもに卑猥な日本語を言わせる動画が炎上 「最低」「子どもはあなたのおもちゃじゃない」

7/25(水) 19:20配信

ねとらぼ

 フィリピンの子どもたちに卑猥な日本語を教え、しゃべらせている動画が炎上しています。ある日本人ユーザーがTwitterに投稿したもので、「最低」「子どもはあなたのおもちゃじゃない」など批判が殺到。その後投稿者はツイートを削除し、「ゴメンナサーイ 消したよ」「子供たちとお互いの言語教えあって段々下ネタにシフトしていきゲラゲラ笑ってただけなんだけど思わぬ方向に進んじゃってビビってる」と釈明しています。

【画像:動画より】

 問題となっていた動画は2本。いずれも7月24日に投稿されたもので、どちらも投稿者のマネをして卑猥な単語を口にするフィリピン人の子どもたちを撮影したものでした。詳しい状況については不明ですが、ツイートでは「フィリピンの子供たちに『○○○○』と『○○○○』って日本語を教えてあげてる」「“○○○”と“○○○”から生まれたフィリピンの貧しい子供たちの純粋無垢な笑顔を見て胸が熱くなり思わず涙しそうになりました」(伏せ字部分は卑猥な日本語)と説明されていました。

 しかし、これに対しTwitterでは「下劣すぎる」「ほんとみっともないです。恥さらしが」など批判が殺到。評論家の荻上チキさんも「フィリピンの子供達に卑猥な言葉を口にさせ、その様子を動画でアップロードしてる人。これ、虐待であり侮辱なんだよ」「ほんの少し前、『W杯時、コロンビアの男性が日本人の女性に卑猥なスペイン語を口にさせ、それをアップ→両国で炎上→外務省が注意』というケースがあったのだが、学ばないのか」と厳しく指摘しました。

 荻上さんも触れていますが、同様のケースは6月のサッカーW杯、日本対コロンビア戦時にも話題になっています。このときはコロンビア人の男性が、スペイン語を知らない日本人女性に「私は良い売春婦です」と言わせたことが問題に。最終的に男性は謝罪し、コロンビア外務省もTwitterで「決して許されない行為」との声明を発表するなど国際問題に発展していました。

 投稿者は他にも、「フィリピーノガキンチョが別れ際『バイバーイ!!○○○!○○○○○○○○!!ギャハハハwww』って言いながら無垢な笑顔で去ってくのを見て胸が熱くなった 下ネタは子供を笑顔にさせる」「貧しい子供たちを笑顔にさせ幸せを届ける 先進国である日本国民としての使命です」などのツイートを投稿しており、こちらも「他国の人を侮辱する行為」「日本人男は子供を性的なオモチャにしてもかまわない、ちょっとからかっただけと思ってる奴が多すぎる」など批判を浴びています。

ねとらぼ

最終更新:7/26(木) 11:22
ねとらぼ