ここから本文です

復刻連載「北朝鮮難民」苦難の行軍を再照射する(7)  潜入した闇市場―統制麻痺を映し出す鏡

7/25(水) 13:25配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

「ジャンマダンに行くと、無いものが無いんです。コメだって肉だって酒だって何でもある。衣服や薬もあるし、パンや麺類を売る食べ物屋だってある。ほとんどは中国から入ってきた品々です。でも値段がべらぼうに高くて手が出ないんです」

北朝鮮各地から時期を異にして出てきた越境者・難民たちが、異口同音に言う。餓死者が100万単位で出ている国で、市場に物が豊富にあるということを、どのように理解したらよいのか?直接目にするまでは、その光景を頭に思い浮かべるのは困難だった。

ジャンマダンという朝鮮語は、直訳すると「市の広場」ほどの意味である。このジャンマダンの増殖について難民証言を基に説明しておこう。

もともと、配給以外で民衆が食べ物を手に入れられる唯一の例外は、農民市場と呼ばれるマーケットだった。農民市場では農場員が自留地(個人で耕作が許された土地)でできた野菜や卵などに限り当局公認のもとに販売できる。それも、たとえば一のつく日、五のつく日だけ―一日市、五日市のように―月に数度開かれるだけの小規模なものだったという。

しかし、1993年ごろから深刻になった食糧難によって配給制度が破綻をきたし、人々はしかたなく農民市場で禁制品の食糧の売買を始める。以来、農民市場は瞬く間に増殖し、常設市と化していった。呼び名も、いつしか全国で農民市場からジャンマダンに変わっていく。
... ... ... 本文:1,832文字 この記事の続きをお読みいただくには、アジアプレス・ネットワークの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    288円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    258円/月(初月無料)

アジアプレス・ネットワークの記事一覧へ戻る