ここから本文です

【BLUE ENCOUNT ライヴレポート】『TOUR 2018 Choice Your「→」』2018年7月19日 at Zepp Tokyo

7/26(木) 16:32配信

OKMusic

 今年3月に渾身の3rdアルバム『VECTOR』をリリースしたBLUE ENCOUNTが、6月から始まったアルバムリリースツアー『Choice Your 「→」』のセミファイナル公演となる東京・ZEPP TOKYO公演を7月18日(水)と19日(木)の2日間にわたって行なった。渇望感にあふれるファンの大歓声に迎えられ、1曲目から最高潮のテンションで魅せたこの日のライヴ。ライヴハウスならではの強烈な熱気に、“この勢い止めたくねぇ”と田邉駿一(Vo&Gt)は呟いた。
        
 “準備できてるか?”と「Waaaake!!!!」で勢いよくライヴが始まると、フロアーに強烈な熱気が沸き上がる。「LAST HERO」「RUN」とアッパーな曲が続き、明らかに逞しさを増したバンドの強靭な歌と演奏にドキドキしてると、異様な盛り上がりの観客を観た田邉が“めちゃくちゃすげぇ景色が繰り広がってます、最高です!”と笑顔を見せる。

BLUE ENCOUNT、Zepp Tokyo公演のその他の写真

 この日は最新アルバム『VECTOR』収録の新曲を中心としたセットリストで構成。もともと彼らの持つライヴ感を活かした曲が多かったアルバム曲だが、ツアーを経てライヴ仕様に進化した新曲はどれも輝いてたし、観客がどの曲も一緒に口ずさみ、すでに自分たちのものにしていたのが印象的だった。

 田邉がキレのあるラップを聴かせた「ハンプティ・ダンプティ」、高い演奏力で魅せた「coffee, sugar, instant love」、力強く丁寧にメッセージを届けた「グッバイ。」と、幅広い曲調と高いスキルでバンドの魅力を存分に魅せたこの日。“俺たちの方向性(ベクトル)をしっかり示すから”や“やっと俺ららしいZEPPができた”と語る本人たちも強い手応えを感じてたようで、「DAY×DAY」、「VS」と一撃必殺のキラーチューンを連発した終盤戦の歌と演奏は、自信に満ちあふれるものだった。

 本編のクライマックス、“生き甲斐をくれてありがとう”とファンへの感謝を告げ、“もうちょっとだけ強くなって、お前らのこと守るから”と万感の思いで歌った「灯せ」、音楽を通じて彼らが導き出した答えを明確に提示した「こたえ」に胸が熱くなった僕は、不覚にも田邉より先に男泣きしてしまった。

撮影:浜野カズシ/取材:フジジュン

セットリスト

現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。

OKMusic編集部

最終更新:8/12(日) 13:21
OKMusic

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ