ここから本文です

ハンドル付きで持ち運びOK!LGの4K&HDR対応プロジェクター、33万円

7/27(金) 17:02配信

Stereo Sound ONLINE

HDCP2.2にも準拠したHU80KS

 LGエレクトロニクス・ジャパンから4K&HDR対応のDLPプロジェクター「HU80KS」が8月17日に発売される。価格はオープンで、想定市場価格は33万円前後。

【画像】映像投写時はトップカバーを開く

 HU80KSは、レーザー光源を使ったDLPプロジェクター。0.47型のDMD素子を搭載し、4K解像度(水平3840×垂直2160)の映像と、HDR映像の投写が行なえる。

 ボディはスリムな縦型(四角柱)で、ハンドルがついているので持ち運びも簡単。加えて、電源コードを本体内に巻き取る機構もあり、必要なパーツがかさばらない設計となっている。寸法はW165×H165×D474mm/約6.7kg。マジックリモコンが付属する。

 投写は上部のカバーを開けて行ない、本体を縦型に設置する場合は、カバー裏にあるミラーに映像を反射させて行なう。ミラーを使わずに、そのまま天井に投写させることも可能だ。
 
 また、横置きにも対応し、テーブルの上などに設置すれば、一般的なプロジェクターのようにスクリーンに正対させた投写も行なえる。もちろん、天吊りも可能だ。

 明るさは2500ルーメンあり、推奨画面サイズは40~150インチまで。投写距離は40インチで115cm、150インチで435cmが必要となる。レンズシフト機能はないが、1.2倍の光学ズーム搭載と、設置性も考慮されている。

 HDMI入力は、著作権保護機能HDCP2.2に対応した端子を1系統装備しており、UHD Blu-rayプレーヤーや、年末に放送が始まる新4K8K衛星放送チューナーとの接続も可能で、4K/HDR映像を手軽に投写できる。

 なお、本機には同社テレビにも搭載されているスマートTVアプリ「webOS」を採用し、かつWi-Fi機能にも対応しているので、Wi-Fi環境下で本HU80KSを使えば、YouTubeやNETFLIXのコンテンツを、すぐに上映可能となる。7W+7Wのステレオスピーカーも内蔵しているので、本機のみのシングルオペ(再生)も行なえる。

 その他、Bluetooth機能も搭載しているので、コンテンツの音声をBluetoothスピーカーやBluetoothイヤホン/ヘッドホンにワイヤレス伝送して楽しむこともできる。USBメモリーに保存してある画像、音声、ドキュメントファイルの再生にも対応する。

最終更新:7/28(土) 3:06
Stereo Sound ONLINE

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ