ここから本文です

復刻連載「北朝鮮難民」苦難の行軍を再照射する(8) 闇市場に足を踏み入れた

7/29(日) 8:40配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

◆闇市場には「無いものが無い」

羅津先鋒(ラジンソンボン)市の外貨の交換レートは、当時、中国元とは固定されていて100ウォン=4元。日本円とは相場が毎日変動し100ウォン=63~67円だった。闇両替は一度も見かけなかった。また羅津先鋒市では外貨交換用紙幣は流通していなかった。

ちなみに招請元の機関の男性(30歳)の給料は3000ウォン。他地域では幹部クラスですら200ウォンがやっとだというから、破格の高給のように映るが、羅津先鋒市では政府職員といえども配給はなく、すべて市場価格で物を買わなくてはならないので、「生活は楽ではない」とこぼしていた。

北朝鮮では2002年7月になって、国定の食糧価格と給与の大幅引き上げ、企業所の裁量拡大を柱とする新経済措置が実施されたが、私が訪れた98年当時の羅津先鋒市では、この新措置が先行実施されていたともいえる。

◆闇市場に並ぶモノ
闇市場には住民が多様な品を持ち込んで売っていた。確認したものを挙げてみよう。1ウォン=0.65円を目安に計算してみると当時の物価水準が分かりやすい。

パンは1個5ウォン、ほんの少し小豆の入ったものだと10ウォン(食べられた)。みかん2個が5ウォンから(中国産)。傷んだりんごが1個15ウォン。餡入りの餅米を揚げたものは5ウォン(まずい)。 本文:1,955文字 この記事の続きをお読みいただくには、アジアプレス・ネットワークの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    288円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    258円/月(初月無料)

アジアプレス・ネットワークの記事一覧へ戻る