ここから本文です

【映像】迫りくる炎を逃れて海に避難 ギリシャ首都近郊の森林火災

7/30(月) 11:43配信

AP通信

マティ、ギリシャ、7月30日(AP)― ギリシャ首都近郊の森林火災で87人が死亡、187人が負傷したが、アテネ近郊のリゾート地マティで、炎を逃れて着の身着のままで海に退避する住民やリゾート客の映像をAP通信が入手した。
 7月23日に発生した火災は、折りからの強風にあおらあれて、瞬く間に周辺に燃え広がった。アテネの東約30キロのマティには警察や消防、自治体などからの避難指示などの情報は一切なく、生存者によれば、リゾート客や住民は迫りくる火災と煙を逃れて、身の回りの手荷物を持って海に逃げるしかなく、荒波と潮の流れにもかかわらず、泳いで安全な場所に渡ろうとした人もいたという。
 海に避難した700人を超える人たちは、その日の夜までに沿岸警備隊や漁船などに救助されたが、泳いで避難しようとして溺れた者もいたと伝えられる。
 ギリシャ政府は出火原因を放火と断定、警察と消防が捜査を進めている。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:7/30(月) 11:43
AP通信