ここから本文です

復刻連載「北朝鮮難民」苦難の行軍を再照射する(9)食糧支援が届かない理由

7/30(月) 12:08配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

◆横領される支援食糧

横領される支援食糧
国際社会は1995年から北朝鮮に対して人道支援を行ってきた。2001年までの総額は21億ドルにのぼり、一国に対する人道支援額としては史上最高であった。

外国からの援助食糧はどう扱われているのかというと、99年夏までのインタビューでは、援助食糧の配給を受けたというのは平安南道から脱出してきた二人。それもトウモロコシと長米を合わせて2キロを一度受け取っただけだと答えた。

残りのほとんどは、援助食糧を口にしたことは一度もなかったと証言。また、中国以外の国から食糧援助が入っていることすら知らない人も少なくなかった。援助食糧の配分を受けても、それを援助食糧だと知らされずにいるケースがあることを示唆している。

また、各機関の幹部たちが、援助食糧を闇市場に売却し現金化しているという証言は、枚挙に暇がないほど聞かされた。

「支援食糧は糧政事務所の倉庫から各地域の供給所(配給所)に配られますが、外国人の支援関係者が引き揚げると、供給所からまた倉庫に戻して闇市場に売り飛ばすんです。幹部たちが欲しいのは食糧じゃなくて現金だから。で、我々庶民はそれを金を出して買って食べるわけです」
と複数の難民が証言する。
... ... ... 本文:2,376文字 この記事の続きをお読みいただくには、アジアプレス・ネットワークの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    288円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    258円/月(初月無料)

アジアプレス・ネットワークの記事一覧へ戻る