ここから本文です

東京オリンピック・パラリンピックのボランティアを巡る議論に猪瀬直樹氏「一生に一度しかない国際体験になる。感度のいい人間は自然に行く」

7/30(月) 14:13配信

AbemaTIMES

 外国人も含めて1000万人と想定される、東京オリンピック・パラリンピックの観客動員数。交通機関の混雑緩和も大きな課題で、政府は開会式が行われる7月24日を「テレワーク・デイ」に定め、在宅勤務をよびかける方針で、大会期間中は時差通勤や夏休み取得も後押しする。

 さらに大会では、約11万人にも上るボランティアが必要になると言われているが、原則として1日8時間、合計10日間の参加が目安とされるなど、参加への高いハードルから、人員確保を疑問視する声もある。ANNの世論調査によると、東京オリンピックに「関心がある」と答えた人が71%に上った一方、「ボランティアに参加したいと思う」と答えたのは15%にとどまった。

 27日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した自民党の川松真一朗・東京都議は「大会の運営に関わる大会ボランティアと、東京都が求める都市ボランティアの2種類が募集されるが、前者は選手村で車を運転するなど、選手と一体で動かなければならないため、“月曜日のこの日だけ“といった人では受け入れにくく、まとまった日数で来てほしい。ただ、ボランティアの宿舎も自前でお願いします、といった募集要項が厳しいという声につながってもいるので、どうクリアしていくか我々も議論している」と話す。

 その一方、「まだ募集していないので、ボランティアが足りないも何もない。一つのチームとして大会を成功させましょうという人たちに手を挙げていただきたいということで、海外でも声をかけている。4年に一度ではなく、まさに一生に一度だという感覚で参加してもらい、経験を多くの人たちに伝えていってもらいたい。世界の友達も増えていく」と訴えた。

 元東京都知事の猪瀬直樹氏も「足りなくはない」と断言。「東京マラソンではランナー3万人に対してボランティアが1万人だ。都庁の前で3万人が服を着替えるが、ボランティアによってホテルのクロークのように服が返ってくる。日本人はそういうことがきめ細やかにできて優れている。オリンピック招致の時にも、日本人のボランティア能力の高さをプレゼンテーションしたし、参加したい人はたくさんいる。ネットに“ブラックバイトだ“みたいな変なことが書いてあったりするが、本当に一生に一度しかない国際体験をするわけで、本人の成長にもなる。ボランティアの意味が分かる、感度のいい人間は自然に行くだろうし、あまりせこい議論をしていると情けなくなる。50年ぶりに東京で2度目のオリンピックをやるという体験をみんなで味わうということで、もっと前向きにものを考えないと」。その上で、「組織委員会が毎週定例会見をして情報発信をしないから、何が起きているか分からない」とも指摘した。

 日本スポーツ学会代表理事でノンフィクション作家の長田渚左氏は「ボランティアそのものの意味をどのくらい理解していくかということも参加人数に結びついていく。北京オリンピックではボランティアをして世界を見、人生が変わったという学生たちもいる。『ブラックバイトじゃん』という感覚を持つ人もいるが、そうではない視点も丁寧にアピールしていかないといけない」と話していた。(AbemaTV/『みのもんたのよるバズ!』より)

最終更新:7/30(月) 14:13
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事