ここから本文です

給食作り 楽しかった 砺波で親子料理教室

7/30(月) 15:15配信

北日本新聞

 みんな、学校給食は好きだよね! 砺波市学校給食センターできのう、夏休み親子料理教室が開かれ、子どもたちが学校で普段(ふだん)食べている給食を手作りしたぞ。

 市内の小学生を対象(たいしょう)に毎年行っているんだ。みんなで楽しく調理をしながら、給食がどんなところで作られているのかを学ぶのが目的なんだって。

 子どもと保護者(ほごしゃ)ら7組15人が参加(さんか)。子どもたちは、人気の古代米(こだいまい)入り金時(きんとき)豆ごはんや夏野菜のキムチ汁(じる)など5品を作ったんだ。包丁(ほうちょう)を使うのは難(むずか)しそうだったけど、指導(しどう)を受けながら頑張(がんば)っていたぞ。砺波南部小学校4年の潟沼(かたぬま)あかりさんは「楽しく調理できてよかった」とうれしそうだったよ。

 給食を作るのはとても大変だってよく分かったなあ。みんな、好き嫌(きら)いしないでいっぱい食べようね。この料理教室は31日も開かれるよ。

北日本新聞社

最終更新:8/13(月) 10:12
北日本新聞