ここから本文です

ANA、787欠航で50億円減収 18年上期見通し、通期は据え置き

7/31(火) 22:00配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は7月31日、ボーイング787型機のエンジン整備に伴う欠航により、9月までの今年度上期は50億円の減収になるとの見通しを明らかにした。

 ANAでは、787が使用しているロールス・ロイス(RR)製エンジン「トレント1000」の整備に伴い、7月6日から8月末までに国内線989便が欠航。約15万9000人に影響が出る見通し。1日当たりにすると、国内線17.5便が欠航し、約2800人に影響が生じている。

 9月から10月にかけては、1日当たりの欠航が国内線10便と国際線5便の合わせて15便程度に減少する見込みで、影響者数は国内線と国際線が約300人ずつの計600人程度となる見通し。8月までは欠航がなかった国際線は、1日に複数便を運航している路線を中心に、予約状況を見て運航便数を見直す。

 ANAHDの福澤一郎グループ経理・財務室長兼財務企画・IR部長は、「上期までの影響は50億円程度で、収入への影響は1%に満たない」と説明。メーカーのRRに対しては、「50億円を丸々請求するのではなく、コストとしての部品代などを整理し、年度内にRRに対して補償を求めていく」と述べた。

 また、10月28日からの冬ダイヤについては、「前年比で座席供給量を数パーセント落とすことで、欠航は出てこない。足もとが強く影響は軽微で、通期予想の見直しは一切考えていない」(福澤氏)という。

 31日に発表したANAHDの2018年4-6月期(19年3月期第1四半期)決算は、売上高が4848億円(前年同期比7.3%増)、営業利益は200億円(21.1%減)、経常利益は194億円(21.6%減)、純利益は161億円(68.5%減)だった。純利益が大幅に減少した要因は、前期はピーチ・アビエーション(APJ/MM)を連結子会社化したことによる特別利益などがあったためだという。通期予想は据え置きで、売上高が2018年3月期比3.5%増の2兆400億円、営業利益は0.3%増の1650億円、経常利益は1.6%減の1580億円、純利益は29.1%減の1020億円を見込む。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7/31(火) 22:00
Aviation Wire

あわせて読みたい