ここから本文です

ヴィッセル神戸、FC岐阜から古橋亨梧を獲得「日本を代表する選手になるために…」

8/1(水) 13:32配信

GOAL

ヴィッセル神戸が1日、FC岐阜からFW古橋亨梧を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は16で、3日からチームに合流する。

イニエスタの奥さん知ってる?サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【32枚】

中央大学を卒業し、プロ2年目の古橋は1年目から順調に出場試合を重ねると、2年目の今季にブレイク。ここまでJ2で26試合に出場し、11ゴールを挙げる活躍を見せている。5月には5試合連続ゴールも記録し、月間MVPに輝いた。晴れてステップアップとなり、古橋は以下のようにコメントしている。

「この度ヴィッセル神戸に加入することになりました古橋亨梧です。スピードとドリブルを活かしてチームの力になりたいと思います。チームのために全力でプレーして90分間走るので応援よろしくお願いします」

一方、J2で16位に沈むFC岐阜にとってはチーム得点王の流出となり、痛手となることは間違いない。古橋は古巣となったチームに感謝の言葉を残した。

「この度ヴィッセル神戸に移籍することが決まりました。日本を代表する選手になるためにもJ1でプレーすることが必要と強く思い、今回の決断に至りました。プロサッカー選手としての第一歩をFC岐阜でスタートできたことを誇りに思います。ここで約1年半学んできたことは財産でありますし、今後に活かして頑張って行きます。シーズン途中の移籍となりファン・サポーターの皆さんには申し訳ございませんが、どんな状況でも熱い応援をしていただき、そして優しい言葉をかけていただき本当にありがとうございます」

神戸はここまで4位につけ、今夏にはアンドレス・イニエスタを獲得。前線にスピードあるアタッカーが入り、よりイニエスタのパスが生きるシーンが増えそうだ。

GOAL

最終更新:8/1(水) 13:33
GOAL