ここから本文です

累計販売1億台超 スーパーカブ60周年を記念した限定車が登場

8/1(水) 12:32配信

carview!

高い信頼性や静粛性、低燃費をウリとして、ビジネスユースを中心に幅広い顧客のニーズに応え続けているホンダの「スーパーカブ」。その誕生60周年を記念した限定車が登場する。ホンダは8月1日、特徴的なカラーリングが目をひく「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を設定し、同日から10月31日(水)までの期間限定で受注を開始した。

【写真をもっと見る】

スーパーカブは1958年8月に初代モデルが発売され、以後人びとの生活に密着した2輪車として全世界で約1億200万台を販売した。

今回の限定車は、60年代にアメリカで展開され話題となった「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」広告に描かれたイメージイラスト(画像3番目)をモチーフに、マグナレッドのボディカラーにツートン仕様のシート、ブラック塗装のリアキャリアなど、特別なカラーリングを採用したのがポイント。サイドカバーとキーには、スーパーカブ誕生60周年の記念エンブレムが付く。

この特別なスーパーカブの受注期間は8月1日から10月31日まで。発売は11月22日(木)の予定。

価格は、スーパーカブ50・60周年アニバーサリーが24万3000円、スーパーカブ110・60周年アニバーサリーは28万6200円(いずれも税込)。

株式会社カービュー

最終更新:8/1(水) 12:32
carview!

あなたにおすすめの記事