ここから本文です

はやぶさ2のリュウグウ観測状況を報告(全文2)NIRS観測で水の検出の可能性

8/2(木) 19:16配信 有料

THE PAGE

はやぶさ2のリュウグウ観測状況を報告(全文2)NIRS観測で水の検出の可能性

はやぶさ2のリュウグウ観測状況を報告

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日午後3時から、6月末に小惑星「Ryugu」(リュウグウ)に到着した小惑星探査機「はやぶさ2」の現状とリュウグウの観測状況について記者会見した。

  ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】「はやぶさ2」のリュウグウ観測状況を報告 JAXAが会見」に対応しております。

     ◇     ◇
平田:で、ここまでお見せしている、この形状モデルの絵というのは、リュウグウの北極が上になっています。これは今まで「はやぶさ2」プロジェクトが公開している実際のカメラの画像とは逆向きになっています。これはどういうことかと申しますと、次のページお願いします。小惑星の北や南というのは自転の向きによって決まります。これは右ねじの法則といいまして、手の右手を出しまして、指4本を丸める。 本文:9,605文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:10/2(火) 14:34
THE PAGE