ここから本文です

モナコの「カフェ・ド・パリ・モンテカルロ」がアジア初進出…大型IRギャラクシーマカオ内

8/2(木) 11:16配信

マカオ新聞

 このほど、モナコの老舗ブラッスリー「カフェ・ド・パリ・モンテカルロ」がマカオ・コタイ地区の大型IR(統合型リゾート)ギャラクシーマカオに進出した。アジア初出店となる。

 カフェ・ド・パリ・モンテカルロの本店は、モンテカルロの中心に位置するプラス・ドゥ・カジノにある。1868年創業という老舗で、世界的にも広くその名を知られる存在だ。

 マカオ店はギャラクシーマカオのダイヤモンドエントラス近くに位置し、本店を彷彿とさせるゴージャスでエレガントなインテリアとなっている。また、エグゼクティブシェフは、フレンチシェフ歴30年のベテラン、シルヴァン・ペロー氏が務め、本店のシグネチャーフレンチメニューのほか、アジアンスタイルのメニューもラインナップする。営業時間は毎日午前11時から午後11時まで。月曜日から土曜日の午後3時から午後6時までがアフターヌーンティタイムとなる。

 ギャラクシーマカオを運営するギャラクシーエンターテイメントグループは、プラス・ドゥ・カジノを運営するモンテカルロSBM社の株式の5%を取得しており、提携関係にある。

最終更新:8/12(日) 13:23
マカオ新聞