ここから本文です

「勝手に転載しないで!」イラストまとめサービス「Buhitter」が大炎上 → Twitterは「規約上問題ない」

8/3(金) 20:52配信

ねとらぼ

 Twitterに投稿されたイラストをまとめるサイト「Buhitter(ブヒッター)」が、「絵師のイラストを無断転載している」などと指摘され、一時大きな騒動となりました。なお、編集部がTwitter広報に問い合わせたところ、同サービスについては「Twitterの規約上、問題ない」とのことでした。

【画像】Togetterのまとめ

 Buhitterがリリースされたのは今年(2018年)の4月2日。ディープラーニングを用いてTwitter上のイラストを収集し、人気順にまとめて表示するサービスとしてオープンしました。

 しかし、当時はそれほど話題にならなかったものの、7月末ごろになって「知らない間にイラストが転載されている」「(今はまだ広告は入っていないものの)今後営利目的で使用される可能性がある」などと指摘するツイートが話題に。これがきっかけで「絵師さん気をつけて!」「人の絵で広告収入得るの!?」など問題視する声が増えはじめ、8月2日夜には一時「Buhitter」「無断転載」「削除依頼」が同時にTwitterトレンド入りするなど、大規模な騒動に発展していました。Buhitter運営のTwitterアカウントにも「私のイラストを勝手に載せないでください」「無断引用(※)やめてください」といった削除依頼が殺到し、運営は対応に追われる形に。

※ 引用は無断で行うものなので「無断引用」は間違いです。

 ただ、当初は大炎上となっていたBuhitterですが、時間がたつにつれて少しずつ、「無断転載ではない」と指摘する声も増え始めます。確かにBuhitterは他者のイラストを無断で収集・表示していますが、表示部分にはTwitter社が公式に提供しているAPIが使われています。Twitterの規約では、APIを使ったツイート利用は公式に認められており(ツイートの埋め込み利用や、Togetterなどと同じ仕組み)、Buhitter運営も当初から「利用規約に沿って掲載しています」と説明していました。

 前述の通り、Twitter広報の見解は「Twitterの規約上、問題ない」というもの。「無断転載ではない」派の主張通り、確かにBuhitterの利用方法は、規約上は問題ないといえます。

 しかし、Twitter上には二次創作や性的なイラストも多数投稿されており、特定のコミュニティーの範囲内で楽しんできたユーザーもいます。また、例え法律や利用規約上問題がなくとも、「自分の作品が自分の知らないところで勝手に使われるのは怖い」という投稿者側の懸念は決して特別なものではないでしょう。

 Buhitter側は削除依頼が殺到していることを受け、専用の削除依頼フォームを設けるなど対応。今も「掲載しないで」という声はみられるものの、削除依頼には順に応じており、当初に比べれば批判的な声も落ち着いてきているようです。

ねとらぼ

最終更新:8/3(金) 22:38
ねとらぼ

あわせて読みたい