ここから本文です

大阪府、健康食品の消費者相談3.8%減

8/3(金) 17:27配信

健康産業速報

 大阪府がまとめた2017年度の消費生活相談件数は7万100件で、前年度比8.2%減だった。

 健康食品に関する相談は2376件で、同3.8%減。定期購入トラブルに関する相談が目立った。同トラブルに関しては特定商取引法施行規則の改正で、定期購入である旨の明確化が求められるようになったが、府によると「今年度に入っても同様の相談が寄せられている」という。

 危害に関する相談は826件で、同10.8%減。このうち健康食品は131件で、同4.4%減だった。大阪府消費生活センターに寄せられた事例によると、お試し価格で購入したダイエットサプリメントを摂取したら「下痢をするようになった」との相談があった。

最終更新:8/3(金) 17:27
健康産業速報

Yahoo!ニュース特設ページ