ここから本文です

中国の人気ドリンク「王老吉」商標めぐる訴訟 原告の賠償請求認める

8/3(金) 12:05配信

東方新報

【東方新報】中国で知られている飲料「王老吉」の商標を巡る訴訟で、広東省(Guangdong)の広州白雲山医薬集団(Guangzhou BaiYunShan Pharmaceutical)は7月27日、広東省高級人民法院の「『王老吉』商標訴訟案件の民事判決文」の内容を公表した。判決文は同社の大株主である広薬集団(Guangzhou Pharmaceutical Holdings)がこのほど、同法院から受け取った。

 判決文には、広東加多宝飲料食品(Guangdong JDB)、浙江加多宝飲料(Zhejiang JDB)、加多宝(中国)飲料(JDB China)を含む、加多宝集団(JDB Group)傘下の6社は、広薬集団に対し経済損失と権益保護費として計14億4100万元(約236億円)を賠償するよう記されていたという。

 ■商標めぐり4年法廷で争う

「王老吉」の商標をめぐる訴訟は、2014年にさかのぼる。広薬集団は14年5月、民事訴訟を起こし、広東加多宝が10年5月2日から12年5月19日までの間に「王老吉」の登録商標を侵害したとして、経済的損失10億元(約164億円)の賠償を求めた。また、浙江加多宝飲料など5社に対し、連帯賠償責任を負うよう求めた。

 さらに広薬集団は翌15年2月、賠償請求金額10億元を29億3000万元(約482億円)へと引き上げた。

 これに対し、加多宝側も反撃。浙江加多宝など6社は15年2月15日、広薬集団を相手取って広東高級人民法院に反訴したが、同法院はこの反訴を受理しない裁定を下した。第一審の裁定を不服とし、最高人民法院にも上訴したが却下されている。

 今回の判決が双方の企業に対して、どのような影響をもたらすのだろうか。広州白雲山医薬集団は「当判決による弊社の今期と今後の収益に対する影響はない」と話している。加多宝は公式サイトで声明を発表し、第一審の判決を不服とし、上訴すると表明している。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:8/3(金) 12:05
東方新報

あなたにおすすめの記事