ここから本文です

子ども将棋大会 1400人が対局 “将棋人気”で過去最多の参加者 福岡県

8/5(日) 18:20配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

高校生棋士、藤井聡太七段の誕生で将棋の人気が高まっていますが5日、福岡市でおよそ1400人が参加する、子ども将棋大会が開かれました。

この大会は将棋のプロ公式戦、将棋日本シリーズにあわせて、小学生以下を対象に全国11カ所の会場で開かれ、福岡市の会場では過去最多のおよそ1千400人が対局に臨みました。

予選で3連勝するとトーナメント戦へ駒を進めることができるとあって、子どもたちは真剣そのもの。

現在の将棋ブームを作った藤井聡太七段も、かつて東海地区の大会に出場し、優勝しています。

【参加者】
「(藤井聡太七段のように)それぐらい強くなれたらいいなと思います。
負けることが多いから、ちょっと悔しいです」

主催者は「参加者の中から将来、プロ棋士が誕生してもらえれば」と話していました。

テレビ西日本

最終更新:8/5(日) 18:20
TNCテレビ西日本