ここから本文です

<夏の高校野球>選手宣誓、近江の中尾「笑顔と感動を」

8/5(日) 23:50配信

毎日新聞

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会の開会式

 5日に開幕した第100回全国高校野球選手権記念大会の開会式で近江(滋賀)の主将・中尾は「第100回という記念すべき年に野球ができることに感謝し、多くの人々に笑顔と感動を与えられる最も熱い本気の夏にすることを誓います」と選手宣誓した。西日本豪雨など各地で災害が起きたことを踏まえ、宣誓では「笑顔だけでは乗り越えることのできない悲しみがありました。しかし、甲子園は勇気、希望を与え、日本を平和にしてきた証しです」と力強く述べた。

 前日は食事中も含め200~300回練習したといい、開会式後は「強い意識で臨むことができた。人生で一番の思い出、財産」と笑顔。第3日の智弁和歌山との初戦に向けて「悔いのないように全力プレーで戦いたい」と気持ちを切り替えていた。【山下貴史】

最終更新:8/6(月) 0:12
毎日新聞