ここから本文です

元暴力団組長を独占取材! 山根会長は「50年来の付き合いで、弟みたいな関係」

8/5(日) 11:18配信

FNN PRIME

日本ボクシング連盟の関係者333人が、会長の山根明氏を告発した問題が新たな展開を迎えている。

【画像】山根会長のことを語る元組長。山根会長はなぜこうなってしまったのか…?

助成金240万円の不正流用、山根会長の地元・奈良県の選手を試合で優遇する“奈良判定”と呼ばれる審判不正や“おもてなしリスト”が存在するという過剰接待など、山根会長に関わる疑惑が噴出しているが、ここにきて新たな疑惑が持ち上がっている。山根会長自らが積極的にメディアに出て反論しているのだが、その中で自身と暴力団との関係をにおわせるような発言をしているのだ。

山根会長が語った「僕は元暴力団組長に脅迫されてるんですよ。山根が3日以内に引退しなかったら過去の経歴をバラすぞ、と」という言葉。

突如浮上した「元暴力団組長」との関係。いったい、山根会長と元組長とはどのような関係なのか?

元組長が『報道プライムサンデー』の取材に応じた。

「あれ(山根会長)が78歳か、わしが81歳だから、わしの心の中では(山根会長が)弟みたいな関係。彼と俺とは2年、10年の仲じゃない。20代のころからかれこれ50年くらいになる。山根は、元はヤクザ。17(歳)、8、9、とわしの下で、6~7年間ヤクザして。盃はかわしていないが」

元組長は、山根氏は暴力団の正式な組員ではなかったと語った。

「わしの兄貴は○○(元組長)だ!」

「自分の弟みたいな気分で50年くらい接してきたから。3年前までは、1週間に1回か、ここにきて、飯食って、世間話して、連盟の話を聞いたりなんやかんやしてアドバイスして」
「(元組長が現役のころ)ボクシング連盟の役員が全員いるところで、山根は『わしの兄貴は○○(元組長)だ!』と(言ったと話してきた)。恥ずかしいくらいや」

元組長は当時をこう振り返る。
山根会長は、ボクシング連盟で元組長の名前を出すこともあったという。しかし会長になってから山根氏の態度が変わり始めたと元組長は話す。そして3年前、二人の関係に変化が起きる。

「山根と絶縁して3年になる。天狗になってしまって。ある日、わしに対して失礼なことがあった」

では、元組長が山根会長を脅迫したというのは本当なのだろうか?

「このままでいくと、みっともないし、個人としても辞めて、すっきりする方がいいぞと(山根会長に伝えた)。そしたら、(山根会長は)『脅迫された』って」と元組長は話した。

元組長が語った、“山根会長との関係”は事実なのだろうか?
山根会長本人にぶつけてみた。

1/3ページ

最終更新:8/6(月) 7:41
FNN PRIME

Yahoo!ニュース特設ページ